引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引越しの見積もりを安くするコツ、単身パックと引っ越し便の違い

引越しの見積もりを安くするなら単身パックが使いやすい

 

荷物の量が多い場合はあまり悩まないのですが、
荷物の量が意外に少ない場合、
あるいは少なく出来た場合、どうしようかって悩むことがあります。

 

 

まず荷物が多い場合は、普通に引っ越し便として見積もりをとった方が安くなりやすいです。
これが単身パックと大きな違いになるのですが、
単身パックはとにかく指定コンテナに荷物が入りきる必要があります。
でも、荷物が多い場合(特に家電や家具)、コンテナの中に入りきらない方が多いです。
それなりに家具や家電がある場合は、
普通に引越しの見積もりをとった方が安いです。

 

 

しかし、本当に荷物が少ない場合、
冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、布団に箱いくつかぐらいなら、
物にもよりますが入ってしまいます。
すると、逆に単身パックの方が安いのです。

 

 

ただし、単身パックと引っ越し便では扱いが随分違います。
基本的に単身パックは「荷物を運ぶだけ」というのがメインサービスです。
これって普通の引越しと同じじゃないの?って思いやすいのですが、
実はかなり違います。

 

 

単身パックでも家電などの梱包などはある程度してくれますが、
家具の解体・組み立てなどは料金に含まれていませんし、
そもそも梱包材(段ボール箱など)自体が付いてきません。

 

 

このため、自分で段ボールなどを用意したり、
家具の解体が必要なら解体しておく必要があります。
引っ越し当日は箱詰め完了状態である必要があるのもポイントです。

 

 

ただし、手間が少ない分と運送枠を明確にしている(コンテナ混載輸送)ため、
引っ越し料金が格安になっていることも見逃せないのは確かです。
特に単身パックは大手の引っ越し業者がやっています。
主なところでこんな感じ↓

 

日本通運

単身パック当日便 各種条件はあるがダンボールなどの梱包材サービス
単身パックS 15000円〜
単身パックL 16000円〜
単身パックX 51000円〜
※各種割引有り(ただし、割り増しもあり)
※当日便以外はダンボールなどの梱包材は自分で用意、または有料
※3月20日〜4月10日の繁忙期は条件に制限有り

 

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)

単身引っ越しサービス 13000円〜
※各種割引有り(ただし、割り増しもあり)3月20日〜4月2日の繁忙期には適用外有
※ダンボールなどの梱包材は自分で用意、または有料

 

アリさんマークの引越社

単身でお引越し(超ミニ、特ミニ、ミニプランあり) 
※割引有り、ご成約につきダンボールなどの梱包材プレゼント
※3月10日〜4月10日は繁忙期のため除く

 

アーク引越センター

ミニ引越プラン各種 金額は見積もり
※ダンボールなどの梱包材規定数無料+割引有り

 

アート引越センター(0123)

学割パック・レディースパック・シニアパックなどはあるが、単身パックというのは見当たらない

 

サカイ引越センター

パンダロジスティックス(小口便) 金額は見積もり
ダンボールなどの梱包材は有料

 

SGムービング(佐川急便)

単身向けのサービスはいろいろと有り、一個でも運んでくれるのですが、
とにかく詳細がイマイチよく分からないのと、料金は全部見積もりになってます。

 

 

ざっとご覧になると分かりますが、
実は単身パックでもいろいろと割引サービスがあり、
しかも業者によっては梱包材のプレゼントをしてくれるところもあります。

 

 

アリさんとアーク引越センターはダンボールなどをくれるので、
引越料金が同じならこっちの方がお得って事になります。
ただ、大手の日通やヤマトは割引サービスも豊富なため、
どこをとるかで悩みそうです。

 

悩んだときは一括見積もりサイトがお得だけど、サイトにも特徴がある

引越しの見積もりを安くするなら単身パックが使いやすい

 

上で単身パックを選択するならお得な業者が4社に絞られました。
日通・ヤマト・アリさん・アーク引越センターです。
アリさんとアーク引越センターは梱包材がついてくるのでお得感があります。

 

 

でも、引越料金次第では日通やヤマトの方が良いとも言えます。
こういう判断がつかないときは、一括見積もりを使います。
ただ、普通に一括見積もりをすると結構大変です。
たとえばこんなサイトがあります↓

 

引越し達人

※ここは引越成約と追加サービス成約(主にネット回線など)で引越料金を割引してくれる独自サービスを持ってます。

 

 

ズバット引越し比較

※こちらは業界トップクラスの提携業者数を誇っていて、幅広く多くの業者に見積もりを出すことが出来ます。

 

 

この二つの無料見積もり一括サイトは、有名ですし、使い勝手も良いです。
ただ、こちら側から業者を指定するというよりも、
とにかくまとめて条件に合う業者に一括で見積もり依頼を出す感じになります。

 

 

これはお得といえばお得ですが、
それぞれの業者とやりとりをしながら見積もりを出していくので、
大変な作業量になります。

 

 

単身パックを選択するかなって思っているときは
手間を減らし、且つ、金額も安くしたい想いがあるのに、
手間を増やしてどうするのって話になります。

 

 

出来れば、こちらの要望に合わせた感じで引っ越し業者と見積もりを
選べるようなサービスが欲しいです。
こういった要望に合わせて最近出てきたサービスがあります。
それがこちら↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここの一括見積もりの特徴はサポートセンターとやりとりをする点です。
というか、この違いはものすごく大きくて、
他の一括サイトが直接引っ越し業者に入力情報を送るのに対して、
ここはまずサポートセンターが情報をヒアリングするところから始まります。

 

 

だから、利用登録も特徴的です。
連絡先と連絡可能日時の入力のみという感じです。
つまり、必要な情報はとにかくヒアリングしますから、
面倒なことは何もしなくて良いですよっていうスタイルです。

 

 

このため単身パックが良いかどうかも聞けますし、
単身パックでここに見積もりをお願いしたいって言うのも話を通しやすいです。
そのほかにも引越の見積もりに必要な情報を聞いてくれるので、
それに合わせて答えていけば良いっていうのも楽です。

 

 

引越見積もりサイトだけでなく、
引っ越し業者のネットでの見積もり申し込みで面倒なのが、
引越に関する詳細情報の入力です。

 

 

ダンボールがどれくらいになりそうかなんてなかなか難問です。
こういうことを引越しに慣れた人がヒアリングしてくれるので、
手間を少なくして必要な情報が欲しい場合には役立ってくれます。
それと、見積もりのキャンセルも管理画面から行えるっていうのがありがたいです。

 

 

便利にさっさと段取りを付けたいときにはお勧めのサイトです。
詳細をチェックする場合はこちらからどうぞ↓